文明の源流日記


2001年12月||2002年1月||2002年2月||2002年3月||2002年4月||2002年5月||2002年6月||2002年7月||2002年8月||2002年9月||2002年10月||2002年11月||2002年12月||2003年1月||2003年2月||2003年3月||2003年4月||2003年5月||2003年6月||2003年7月||2003年8月||2003年9月||2003年10月||2003年11月||2003年12月||2004年1月||2004年2月||2004年3月||2004年4月||2004年5月||2004年6月||2004年7月||2004年8月||2004年9月||2004年10月||2004年11月||2004年12月||2005年1月||2005年2月||2005年7月||2005年10月||2005年11月||2006年1月||2006年2月||2006年3月||2006年4月||2006年5月||2006年6月||2006年7月||2006年8月||2006年9月||2006年10月||2006年11月||2006年12月||2007年1月||2007年2月||2007年3月||2007年4月||2007年5月||2007年6月||2007年7月||2007年8月||2007年9月||2007年10月||2007年11月||2007年12月||2008年1月||2008年2月||2008年3月||2008年4月||2008年5月||2008年6月||2008年7月||2008年8月||2008年9月||2008年10月||2009年1月||2009年7月||2009年8月||2009年9月||2009年10月||2009年11月||2009年12月||2011年1月||2011年2月||2011年3月||2011年4月||2011年5月||2011年6月||2011年7月||2011年8月||2011年9月||2011年10月||2011年11月||2011年12月||2012年1月||2012年2月||2012年3月||2012年4月||2012年5月||2012年6月||2012年7月||2012年8月

2004年1月30日(金)[19:50:56]  
午前10時から、3月5日に予定している自然再生法に基づく協議会の打ち合わせ会議を小菅村役場で行った。出席者は、源流研究所の事務局である青柳振興課長、加藤教育課長、佐藤源流交流推進室長、奥秋推進室主査に所長の5名。3月に設立を予定している多摩川源流再生協議会は、地元や流域の市民や専門家、県や国の行政機関など広範な方々が参加を表明しているだけに、どんな構想を持ってこの協議会に臨むのか、事業実施主体者として、どんな役割を果たすのか、いよいよその力量が問われている。
 打ち合わせ会議では、この自然再生協議会の取り組みが「百年の村づくり」としてどんな村づくりの構想を持っていくのかについて自由に討論した。青柳課長は、「源流としてエコを基軸に、地球環境を保全することを明確に打ち出し、ヂィーゼルエンジンの廃止、農地の復活、林業、炭焼きや原風景の回復、スローフード・スローライフ、バイオマスエネルギーの開発・活用など環境先進村としての取り組みが大切」と発言。加藤課長は、「この取り組みは、流域の市民はのってくると思うが、村の方々にどう理解を広げていくかが一番の課題だ。村民には、情報をしっかり伝えていくことが大切だと思う。反発や抵抗もあるかもしれない」と発言。佐藤推進室長は、「昔の暮らしは大切だと思う。日本は急ぎすぎてきた。と同時に、今のここでの生活が土台になる。みんな近代化、利便性を求めている。ここで生きていくための収入がいる。仕事がいる。ここでの生活がある。この生活を維持していくことができる方策が求められる。」と発言。
 所長は、「本来の源流の姿をどう取り戻していくか。流域の市民が小菅村にはってきて、緑溢れる景観があり、村の中には綺麗な水が至ることろに流れていて、小菅川は誰でも利用できて、川の流れも自然に近づいている。家並みも木造のぬくもりのある住処を形成している。そんな源流らしい本来の姿を追求したい。多摩川流域には、425万人が生活し、東京都の水源林もある特別な場所が源流である。小中学校も878校もある。そこそこ遠くてそこそこ近い、こんなに恵まれた源流は、日本でここだけだ。その流域と共に生きる、流域全体が良くなるために源流として頑張る村の姿勢が大切である。あわせて、定住人口の減少をくい止めることはなかなか困難であるが、諦めずにやれることはすべてやる。しかし、交流人口は、我々の努力で増やしていける。交流人口を拡大していくことで、農業も林業も、漁業も、文化や福祉、教育も元気にしていくことが可能になる。」と発言。
 佐藤室長が、「源流らしさ」の追求を基本に自然再生法の取り組みを強めていきたいと締めくくり、会議を終了した。こうした会議を積み重ねていくことにした。
 自然再生法に基づく協議会の案内状の発送、「多摩川源流プロジェクト委員会」答申パンフの発送、川崎市の「源流写真展」の資料づくり、パネルを車へ積み込む、等々忙しい一日であった。「源流の四季」への反響がいろいろあり、多くの方から、今回の内容が良かったとの励ましのメールをもらった。有り難いことだ。

2004年1月29日(木)[17:45:36]  
源流研究所の会報「源流の四季」が源流ファンクラブの会員や読者に届いたことから、会報を読んだ感想やら、来年度のイベントへの申し込みとやらで、一日中電話が途絶えなかった。嬉しいことに、「源流・大菩薩探訪の旅」「源流・水干探訪の旅」「源流古道・水源林体験の旅」などへの申し込みがどんどん来ている。今全体で52名ほど申し込みがある。
 岡山の竹原さんから、「狛江市長との対談は内容が良いね。フォーラムの内容をもっと知りたい。自然再生法の取り組みを岡山の流域でも知らせたいので支流を下さい」と、埼玉の大学時代の親友から「ブンメイ頑張っているな。」と励ましが。昨年欧州河川環境調査で一緒だった瀬尾弘美さんから「文明さん、会報を最初から最後まで読みました」と。ファンクラブの三輪さんからは、「所長、対談を読みました。すごく良い。市長は影響力の大きい人だからこの企画非常に良い。所長の源流への思いが良く伝わっているよ」と。読売新聞八王子支局の石井支局長から「所長相変わらず頑張っていますね。自然再生法の取り組みの資料を送って下さい」と連絡がくる。
 東京農業大学の宮林先生から「進士学長が長作の取り組みに関して喜んでいましたよ。どんな物語を展開できるか、知恵を出していきたいね。源流シンポの倉本さんの件は、反応が良かったので、近々東京で会えるかも知れない」との連絡があった。また、高橋先生が「土木施行」という雑誌に連載している「山野跋渉」で、「源流の魅力が日本文化を再生する」と題して、昨年12月の源流フォーラムを詳しく紹介し、またその中で源流研究所と中村文明を詳細に描写していただいた。過分のお言葉を頂き、恐縮している。

2004年1月28日(水)[17:13:07]  
「多摩川源流プロジェクト委員会」の答申の仕上げにかかっている。委員の方々から様々な意見、提言を頂いているので、再度読み返し、答申の短縮版のパンフのまとめと書き直しに集中する。
 源流研究所の井村さんから連絡が来て、日本財団の黒沢部長からおしかりのメールが入っているとその内容を知らせてきた。ご指摘の通り、大変な誤りを犯してしまった。今年の「森林再生事業」は、日本財団の全面的な助成を受けて実施しているにもかかわらず、助成を受けていることを紹介もせず、あたかも自分たちが自力で一人前にやっているかの印象を与える記事を会報「源流の四季」で載せてしまった。しかも、黒沢部長は、日本財団ボランティア支援部の部長という忙しい要職に付いておられるにもかかわらず、小菅における取り組みの大切さを早くから指摘されて、それこそ、何回も何回も足を運び、自らも「森林再生事業」に参加し、共に汗をかき、共に苦労され、小菅に期待をかけてくださっていたのに、また物心両面の支援を頂きながら、そうした事実をありのままに報道しなかった私の責任は、実に重い。日本財団の信頼を裏切る行為を犯してしまったことに対して、お詫びの言葉もない。信頼していた方々から裏切られた悔しさは、いかばかりか。失った信頼を回復することは、もう出来ないかも知れない。心に残った傷は、深くて容易に癒されるものではないだろう。しかし、どんなに傷が深かろうとも、失った信頼を回復するために、しっかり反省して、誠実に実績を上げていく以外にない。黒沢部長、許してもらえないでしょうが、心からお詫び申し上げます。
 源流研究所の活動は、地元はもちろん、流域の市民の皆さん、日本財団の皆さん、河川環境管理財団の皆さんなどなどそれこそたくさんの心温まる方々の理解と協力の賜である。そのことを今回の件は、しっかり肝に銘じるよう神様が知らせてくれたのかも知れない。様々な活動を通して、信頼関係を築くと言うことこそ、一番の要である。厳しいおしかりをしていただいた黒沢部長に心から感謝します。
 夜は、川崎市のせせらぎ館で、市民活動に関する意見交換会があり参加し、たくさんの方々と交流が出来て、楽しかった。八王子の石田さんが中心となり会を運営し、横山先生、川崎市の井田さん、多摩川センターの山道さん、内田さん、上田さん、倉持さん、せせらぎ館の長島保先生、府中の野鳥の会の方々、昭島の長谷川先生などなどいつものメンバーに会えた。元気な鈴木真智子さんが、「山、川、海をつなぐネットワークが何よりも大切」と発言していたが、まさにその通りである。多摩川流域ネットが生まれるといい。


2004年1月27日(火)[23:41:55]  
第2回多摩川環境学習懇談会が、1月27日、立川市の多摩社会教育会館で開かれた。第1回が昨年3月に開かれたわけだが、一年ぶりの会議であった。参加者は、主催者の京浜河川事務所の土屋秋男河川環境課地域連携係長をはじめ、あきるの市立屋城小学校、明星小学校、カリタス女子中学高等学校、羽村東小学校、狛江・和泉小学校、調布・多摩川小学校、日野・潤徳小学校、和光小学校などの領域の学校の先生と市民団体25名が参加した。この多摩川環境学習懇談会の趣旨は、多摩川をまるごと博物館として位置づけて流域の学校が行う環境学習への支援を強めるため、多摩川環境学習教材が不足しているという現場の教師や市民の声に応えて、多摩川ならではの環境学習教材をつくり、広く情報を共有すること、それが広く活用されることによって、多摩川における環境学習が活発化し、子供たちの川や水へに対する親しみと理解が深まることをめざしている。
 当日の議題は、多摩川環境学習マップの作成にかんする検討であったが、提出された試案をみてビックリした。なんと源流域がばっさりと削除されているではないか。頭から源流が無視されていることに言いようのない怒りと悔しさがこみ上げてきた。この10年、源流に新しい光を注ぎたいとして、調査に情報の発信に、交流事業の推進に地道に取り組んできたが、官の壁はこんなに高くて厚いのか。話によれば、青梅の万年橋までが京浜河川事務所の直轄管理区間なのでその範囲のマップを作ったという。
 寂しいではないか。多摩川は源流から河口まで一本に繋がって居るではないか。今は、川の学習を行う上でも、流域の視点、水循環の視点が何よりも大切だと思う。山と川と海のつながりまでしっかりと視野に入れた環境学習が求められているのに、直轄管理区間だけの多摩川環境学習マップを作るとは情けない。子供たちへの環境学習教材に官の都合による壁を設けることは、あってはならないことだと思う。こうした趣旨の発言を行ったことろ、参加者のなかで発言された全員が河口から源流まで含めるべきだとの発言がなされ、京浜河川事務所として出された意見を踏まえて再検討することが確認された。また、多摩川環境学習懇談会を制度化して欲しいという意見が出された。京浜河川事務所は、市民とのパートナーシップでは、全国のどこよりも進んでいるはずだ。これまでも色々と実積を積み上げてきている。是非、多摩川環境学習の分野では、これまでの壁を超えて新しい大胆な方針を示してもらいたい。
 しかしよくよく考えてみると、源流の存在がそこまで知られていないし、源流へ関心や注目を払われていないことの反映にほかならないのだ。どんなに悔しくても、喧嘩しているよりも、源流の役割や大切さを流域の市民の中にもっともっと広めていくことが大切である。押しも押されもせぬ源流、無視することができない源流へとその存在感を高めていくことに心を注ぎたい。2月3日から、川崎市の市役所前の川崎信用金庫のロビーで「多摩川源流写真展」を開催する。源流の実際の姿を多くの流域の市民に伝えたい。今年は、各地で写真展を開きたい。

2004年1月26日(月)[23:28:58]  
吉野川源流資源調査の最終日である。昨晩も雪がちらつき、4〜5センチの積雪が見られた。ログキャビン高原のご夫婦に心から感謝を述べ吉野川の源流域に向かう。大迫ダム、入之波集落、二股、本沢川、三之公川、北股川と視察する。北股川の瀬戸の首を覗くと、長い年月をかけて岸壁に独特の地形を刻んできた川の歴史を見ることができる。ガンタテから染みだしている湧水を飲むと、菅原先生が「この水は甘い」と声をあげる。積雪があり、厳しい自然環境なので奥地まで入り込むことはできなかったが、源流の入り口辺りをみてまわつただけで、吉野川源流の奥深さを感じ取ることができる。
 坂口さんにお礼を述べ、源流館の今福さん達に別れを告げ、トントン館に立ち寄って川上村を後にした。今回の源流資源調査は、吉野林業の南元さんから話が聞けたことを初め、源流館の辻谷さん、坂口さん、川上村の泉谷さんらから林業の現状と問題点、課題が聞けたこと、吉野杉の現場である歴史の証人や中奥森林団地が視察できたことなど、大きな成果があった。菅原先生も生徒達を連れてまた是非調査に入りたいとのことであった。往復1050`の長旅であったが、旅の疲れより心の充実感が勝っており、清々しい疲労感を味わうことができた。

2004年1月25日(日)[11:57:49]  
源流館に朝9時に集合する。川上村の吉野杉の現地調査を行う。源流館の辻谷館長と川上村の泉谷産業振興課長補佐の二人が案内してくれる。まず川上村下多古にある人工林としては日本で一番古い吉野杉・「歴史の証人」に会いに出かける。大寒寒波の雪が積もる山にはいる。歩き始めには、植栽して百年の杉林が現れ、しばらく歩くと150年生の杉林に入る。吉野杉は、百年で胸高直径が50センチに育つという。木目が細かく強くて見栄えのする商品価値の高い材質が特徴という。その美林が麓から尾根筋までズーと伸びていて見事な景観である。尾根筋にある「歴史の証人」を目指して、その美林の中を歩き続ける。川上村の泉谷さんは、「私らは、親父から山づくりの技術や技、大変さや誇りなどを聞いて育ち、山への愛着があるが、今の子供達は、山への関心も愛着もない。山を放置すると大きな災害が起こる。国土を守る上でも、林業は大切なのに、誰が山を守るのだろう。私たちは、子供達に山の大切さを伝えていかないいけない」と熱く語っておられた。 雪の中を歩くこと40分。幹周り3メートルの檜と幹周り5メートル10センチの「歴史の証人」に出会う。大地にしっかり根ざして、今なお生き生きとした葉や枝をつけているこの大杉。檜は樹齢290年、「歴史の証人」は樹齢390年だという。今年が江戸幕府が開かれて400年であるので、この「歴史の証人」は、1613年生まれということになる。
 菅原先生は、「ここは人工林のメッカである。造林学を学ぶ若者は、この「歴史の証人」に出会うことに大きな意味がある。」と指摘、先生自身も大いに感激されていた。
 その後、中奥の樹齢250年の見事な杉林を案内してもらう。大輪の花を咲かせた吉野杉の優等生ともいうべき中奥森林団地は、小菅村の森林整備の目標とすべきものであろう。今は、森林の将来はあまりにも暗い。日本は森林国なのに自給率はたったの20パーセント。しかし、こんな理屈に合わないことが永遠に続くはずはなかろう。必ず、日本の人工林が見直されるときがくるであろう。この中奥森林団地の吉野杉は、我々に大いなる勇気と夢とロマンを与えてくれた。視察の後、「吉野林業資料館」ともいうべき「もくもく館」を辻谷さんに案内してもらう。
 夜は、源流館の職員との交流会であった。温かい鍋を囲みながら源流の将来を熱く語り合った。おいしい獅子鍋であった。坂口さん、ご配慮ありがとうございます。

2004年1月24日(土)[11:56:03]  
 奈良県川上村の吉野川源流資源調査の日がやってきた。朝9時に小菅村の佐藤英敏源流交流推進室長と菅原泉東京農業大学造林学研究室講師が我が家に到着し、いよいよ奈良に向けて出発する。これまでは、吉野川源流絵図作成に向けての実踏調査が主目的であったが、昨年10月に日本財団の研究助成を受けるようになってからは、新たに源流資源調査が目的に加わった。そこで今回は、町づくりの研究者の佐藤さんと森づくりの専門家である菅原先生を同行しての吉野川源流調査を実施することになった。
 塩山から中央道一宮・御坂インターに向かい、そこから長野県、岐阜県、愛知県を抜けて名神高速道路にいったんはいり、小牧インターから名古屋高速道路に乗り、東名阪で三重県亀山市に抜けて、そこから西名阪国道で針インターにでて、奈良県の榛原町、大宇陀町、吉野町を通って目的地の川上村に到着する。走行距離は約470キロ、所要時間は約7時間である。佐藤さんの菅原先生の二人が交代で運転をしてくれる。
 源流館では、辻谷館長と打ち合わせを行い、ゆっくりと館内を案内してもらう。その後、宿泊地のログキャビン高原に向かう。民辻さんご夫婦が温かい食事を準備して待っててくれる。奥さんが料理好きのお陰で、見た目も美しく彩りもよく味もいい雰囲気もいい素晴らしい夜を過ごす。


トップページへ戻る