文明の源流日記


2001年12月||2002年1月||2002年2月||2002年3月||2002年4月||2002年5月||2002年6月||2002年7月||2002年8月||2002年9月||2002年10月||2002年11月||2002年12月||2003年1月||2003年2月||2003年3月||2003年4月||2003年5月||2003年6月||2003年7月||2003年8月||2003年9月||2003年10月||2003年11月||2003年12月||2004年1月||2004年2月||2004年3月||2004年4月||2004年5月||2004年6月||2004年7月||2004年8月||2004年9月||2004年10月||2004年11月||2004年12月||2005年1月||2005年2月||2005年7月||2005年10月||2005年11月||2006年1月||2006年2月||2006年3月||2006年4月||2006年5月||2006年6月||2006年7月||2006年8月||2006年9月||2006年10月||2006年11月||2006年12月||2007年1月||2007年2月||2007年3月||2007年4月||2007年5月||2007年6月||2007年7月||2007年8月||2007年9月||2007年10月||2007年11月||2007年12月||2008年1月||2008年2月||2008年3月||2008年4月||2008年5月||2008年6月||2008年7月||2008年8月||2008年9月||2008年10月||2009年1月||2009年7月||2009年8月||2009年9月||2009年10月||2009年11月||2009年12月||2011年1月||2011年2月||2011年3月||2011年4月||2011年5月||2011年6月||2011年7月||2011年8月||2011年9月||2011年10月||2011年11月||2011年12月||2012年1月||2012年2月||2012年3月||2012年4月||2012年5月||2012年6月||2012年7月||2012年8月

2004年5月28日(金)[18:16:20]  
 「源流の四季」の夏ごうの準備に取りかかる。午前中、中川研究員と編集会議を開く。夏号には、源流研究所の運営委員会、森林再生プロジェクト・緑のボランティア、大菩薩・水干探訪の旅、源流体験紹介、吉野川源流資源調査(日本財団助成事業)菅原報告、源流研究所の秋のイベント紹介、流域の活動紹介、第5回全国源流シンポ紹介などを予定している。
 国土創発調査に関する関する企画書づくりと6月2日に予定されている東京農業大学における特別講義の準備に取りかかる。国土創発調査に関する関する企画書では、「全体のマスタープランに関する検討会」、「小菅村における産業の現状調査」、「源流資源の開発、流通、販売に関する調査」、「林相調査と小菅樹木百選」、「森林再生プロジェクト」などがほぼ完成し、あと「自然体験・環境教育推進プロジェクト」「源流文化再生プロジェクト」「全国源流の郷サミット開催」「源流学会設立書」などなどの諸事業の企画書を作成する必要がある。
 

2004年5月27日(木)[18:06:45]  
我が妻・源流ファン倶楽部の事務局員は、毎日毎日ファン倶楽部の会員の会費の到着を待っている。これまで会員になっていただいた方々は、600名に達している。殆ど毎日会員からの会費が届いている。このファン倶楽部をもっともっと親しみのある活発なものにしようと、自主事業の取り組みと財政の確立に取り組んでいるわけである。自主事業に関しては、6月12日〜13日の「山ウドの」天ぷらを楽しむ会」や8月下旬の「秘境・妙見五段の滝を訪ねて」を企画し、参加者を募集している。この取り組みの内容を「ファン倶楽部ニュース」として会員に渡していこうと言うことになり少しずつファン倶楽部の活動を活発化させようと言うことになっている。
 午後2から小菅村の議員研修があり、塩山市の座禅草公園に視察に行くことになり、同行して塩山市の取り組みを学習する。座禅草を多くの市民に見てもらうこととその花をどう保護していくのか、どんな保護策が採られているのかなどを視察する。公園に張り巡らされた木道を歩き、市の担当者から説明を受ける。 


2004年5月26日(水)[18:03:50]  
 五月の代休がなかなか取れなかったが、今週になって中川徹君と相談して2人とも取ることになり、徹君が昨日、所長が今日休みを取る。久しぶりに望月医院に健康チェックに出かける。診察の後、いつもの場所に釣りに出かける。イクラによる餌づりであるが、小物であったが、15匹の釣果に満足して帰宅し、唐揚げにして三杯酢で食べる。これが実に美味しい。

2004年5月25日(火)[17:59:44]  
嬉しい知らせが宮林先生から届いた。第5回全国源流シンポジウムの記念講演の講師として作家の椎名誠氏が決まったのである。宮林先生の友人に椎名さんと親しい方がおられ、その方を通して講演を依頼していた。宮林先生の所に電話がかかり、講演承諾の知らせが届いたという。宮林先生の声も弾んでいた。東京農業大学では第5回全国源流シンポジウムを学内の行事として位置づけ学生の「特別教養講座」として参加を呼びかけるという。大いに宣伝して、このシンポジウムを大成功させたい。
 昨日、山梨県森林環境部総務課の島田さんから自然環境の保全や森林再生、上下流交流などをテーマにしたフォーラムを山梨県で開催したいとのこと。その準備のためにアドバイザーとして協力をしてほしい。近いうちに相談に見えるという。 


2004年5月24日(月)[17:51:51]  
 この夏に初めて中野区役所主催の「源流体験教室」が取り組まれる。その下見に担当のお二人がお見えになる。午前中は、中川研究員が2人を宿泊場所に案内する。午後1時から、中野区役所の2人と、所長、中川研究員の4名で視察に出かける。現地に着いたら本番どうりのやり方でコースを案内する。赤沢出合い下渕、戯れ淵、釜淵、のぞき淵、瞳淵の順番で紹介する。「川は流れに沿って右側が右岸、左岸」「流れの速いところが瀬、穏やかな流れが瀞、本流と支流の見分け方」などなどを現場で説明する。例のイタヤカエデの湧き水を手ですくって飲む。これが美味しいのである。案内したお二人は気に入っていただいたようである。初めて参加した中川研究員も、「本当に子どものためになる源流体験でした。これなら確信もつて取り組めます」と張り切っていた。
 お二人の感想文を紹介する。

2004年5月23日(日)[17:46:58]  
 昨日と今日、「読売文化センター」と「多摩川に学ぶ会」の2団体が源流・水干探訪の旅にお見えになる。初日に長作の観音堂と白糸の滝を案内し、夕食の後に懇親会を参加者で楽しむ。所長は、両方の懇親会に顔を出して、例の「源流文明劇場」を披露する。それぞれで大変喜んでいただく。「読売文化センター」は、殆どのかたがリピーター。例の木村ファミリーが中心である。いつも元気な木村さんをはじめお姫の小堀さん、梅津さんご夫婦、福田さん、初めての朝山さんと大変賑やか懇親会となった。「多摩川に学ぶ会」は、せせらぎ館の佐藤徹さんが事務局を担当、年輩の方もおられたが好奇心の強い方々がたくさんおられ、何でも吸収したいとの意欲に満ちた方々揃いであった。
 今日は、水干に登る。新緑の中、さわやかな空気を胸一杯に吸いながら、「読売文化センター」を奥秋・穣組が、「多摩川に学ぶ会」を文明・徹組がそれぞれ案内しながら水干を目指す。嬉しいことに水干では、「最初の一滴」に出会うことができて、参加者はその幸運を楽しんでいた。途中小雨模様であったが、全員怪我もなく無事に帰路に就いた。


2004年5月21日(金)[17:44:18]  
 「多摩川流域ネットワーク」の設立集会がせせらぎ館で開催され、源流研究所から、所長、中川研究員、中村真里源流ファン倶楽部事務局員の3名が参加する。長島先生、石田さん、田中喜美子さん、鈴木真智子さん、山道さん、辻野さん、井田さん、遠藤さん、安元さん、内田さんなどなど多摩川流域の市民活動の中核になっている面々が顔を揃え、全員で「多摩川流域ネットワーク」の会則を審議しながら確認していった。6月28日にいよいよ「多摩川流域ネットワーク」の設立総会が開催される運びとなった。その準備委員に長島先生、真智子さん、石田さん、安元さん、倉持君、文明が選ばれた。


トップページへ戻る