文明の源流日記


2001年12月||2002年1月||2002年2月||2002年3月||2002年4月||2002年5月||2002年6月||2002年7月||2002年8月||2002年9月||2002年10月||2002年11月||2002年12月||2003年1月||2003年2月||2003年3月||2003年4月||2003年5月||2003年6月||2003年7月||2003年8月||2003年9月||2003年10月||2003年11月||2003年12月||2004年1月||2004年2月||2004年3月||2004年4月||2004年5月||2004年6月||2004年7月||2004年8月||2004年9月||2004年10月||2004年11月||2004年12月||2005年1月||2005年2月||2005年7月||2005年10月||2005年11月||2006年1月||2006年2月||2006年3月||2006年4月||2006年5月||2006年6月||2006年7月||2006年8月||2006年9月||2006年10月||2006年11月||2006年12月||2007年1月||2007年2月||2007年3月||2007年4月||2007年5月||2007年6月||2007年7月||2007年8月||2007年9月||2007年10月||2007年11月||2007年12月||2008年1月||2008年2月||2008年3月||2008年4月||2008年5月||2008年6月||2008年7月||2008年8月||2008年9月||2008年10月||2009年1月||2009年7月||2009年8月||2009年9月||2009年10月||2009年11月||2009年12月||2011年1月||2011年2月||2011年3月||2011年4月||2011年5月||2011年6月||2011年7月||2011年8月||2011年9月||2011年10月||2011年11月||2011年12月||2012年1月||2012年2月||2012年3月||2012年4月||2012年5月||2012年6月||2012年7月||2012年8月

2004年6月22日(火)[18:12:58]  
土曜日の山梨日々新聞に源流研究所の活動を大きく紹介してくれた。「小菅・源流研究所設立3年」「情報発信、流域交流の拠点に」「村活性化へ貢献と評価 財源 周知拡大が課題」と百行の6段かこみ記事で掲載された。この新聞は山梨県では最も多く発行されており、多くの県民に親しまれている。この記事を読んだ方から「源流研究所は頑張っていますね」と激励の声をかけていただいている。源流研究所の大きな柱である「森林再生プロジェクト」は10年間を基礎づくりの期間として位置づけている。この事業はなんとしてもやり終えたいと希望している。年を取ると身体がついて行かなくなるのが困る。今日は、遅れていた「源流日記」を一気にやり終えた。

「源流に魅せられて」続編
自分の力を信じて自分の安全は自分で確保する

 源流体験教室への反響は大きかった。一昨年から河口の川崎市を始め、大田区、世田谷区、狛江市、調布市、府中市、三鷹市、日野市、小金井市、稲城市、多摩市、昭島市、瑞穂町などの学校、博物館、育成会、ボーイスカウト、児童館などの親子が次から次へとやってきている。我々は、この事業には、危険も伴うので、下見に来てくれるようお願いしているが、下見に来た親や先生方が、「素晴らしい体験をさせてもらった。この体験を是非子ども達にやらせたい」との感想を寄せ、参加した方々が源流体験の意味と魅力をその場で掴んでくれることが特徴になっている。
 この「源流体験教室」のねらいは、三つある。一つは、水の源、川の源を知ると言うこと。下流と源流が一本の流れで繋がっていることを実感すること。二つ目は、「自分の力を信じて自分のことは自分でやる」「自分の安全は自分で確保する」という、人間としての自立と責任を担う体験をすること、三つ目は、源流の美しさと厳しさを子供たちの心に刻むこと。この体験は、源流だから出来るものであり、彼らの心に源流がしっかり刻まれ、永久に記憶に残るものと確信している。
 現地では、実際に源流体験に訪れた子どもや親、先生たちに先ずヘルメットをかぶせる。これだけでかなりの緊張が走る。そして参加者に向かって「今日はケガをします。転んだり、痛い目に会います」と切り出すと、付き添いの先生方の顔が曇るが、「源流には道がない。どこを歩くのがよいか自分の目で判断して、自分の力で歩くこと。今日は親や先生に頼らないし、親も先生もみんなを助けてくれない。自分の安全は自分で守ること。自分の力を信じて元気に歩こう」と呼びかけ、源流には入っていく。何回も源流の流れを横切るが、水量の多いところや流れの速いところに、手出しはしないようにと念を押して、先生や親に安全確保として少し離れたところに立ってもらうなど、安全確保は万全に準備してから体験を開始する。

2004年6月21日(月)[17:46:00]  
大型の台風6号が日本を直撃し、四国、近畿、東海、北陸と広い範囲に被害が出た。午後1時30分から小菅小学校4年生の教室に出向き、多摩川源流学習のお手伝いをした。この4年生は7月5日に「源流体験教室」を予定しており、そのための予備学習を兼ねていた。多摩川とはどんな川なのか、どこから流れてどこへ流れているのか、川はどんな働きをしているのか、源流はどんな姿をしているのか、源流体験でどんなことを学ぶのかなど話す。中川研究員は、源流体験をした感想を子ども達に伝えていた。
 小菅小学校での授業が終わったら、台風の影響で凄い雨足になったので、早々に自宅に向かった。柳沢峠周辺の風は強く、強風になぎ倒された木が道を覆っていた。

「源流に魅せられて」続編
(5)子供たちの瞳輝く「源流体験教室」

本物の自然に直接触れる

 この源流と流域の交流事業の柱として取り組んでいるのが親子を対象とした「源流体験教室」である。ご承知の通り、川に学ぶ活動が大変盛んになっているが、私自身も生まれは九州宮崎で、実家の近くを流れる大淀川で遊び、鍛えられ、本当に川が大好き人間に育った。川で遊び川に触れる子供の頃の原体験こそ非常に大切だろうと考えた。
 今、日本の子どもの中で日本の自然の素晴らしさに感動し、四季の移り変わりや豊かな自然が心に焼き付いている子どもが何人いるだろうか。親たちだって、自然体験が少ないなか、日本の自然は素晴らしいと子どもたちに自信を持って伝えられる親がどれくらいいるのかなと大変不安である。そこで親子で本物の自然に直接触れることのできる源流のV字谷に連れていこう、本物に直接触れることのできる機会を提供しようとこの事業を企画した。
 源流域には、険しい場所がたくさんあるが、そんなところに子供たちを連れて入れない。そこで源流域を歩き廻っていたら、小菅川の源流に、やや小振りのV字谷だが、足を折ったり捻挫したりするかもしれないが、命を失うことはないという場所を見つけた。ハラハラドキドキし冒険心と好奇心を満たしてくれるが、教育活動なので命を保証出来ることが絶対条件である。小菅川源流は、自然としての厳しさを備えていながら、親しみながら近づける川だと判断して、ここに「源流体験教室」を創設した。

2004年6月20日(日)[17:28:29]  
第2回森林再生プロジェクト事業を実施する。流域から40名の緑のボランティアが参加。東京農業大学の宮林先生と菅原先生の指導と森林組合・地元山林所有者の協力を得て今回初めて広葉樹の間伐を行った。広葉樹の間伐について菅原先生は「優勢木の中で、相対的に形質が良く将来収穫の対象と見なされる主木が適正位置に配置されるように残し、その生長にマイナスの影響を与える個体を間伐の対象として選ぶ。マイナスの影響を与える個体は、主に優勢木である。それと同時に主木の成長に影響を与えない準優勢木以下の木(副木)を伐らないで残す。それは、後生枝の発生を抑える重要な役割を果たすもので、トレイナー(調教木)と呼ばれている。」と間伐の意義を解説。
 奥秋一俊さんを先頭に大丹波峠から鹿倉山の木下さん所有の雑木林まで急な坂を45分間上り詰めていった。現地に到着した後8班に分かれて 広葉樹の間伐を行った。間伐終了後の反省会で宮林先生は「今回は3つの大きな交流が行われた。第1は人と人との交流で若い人からお年寄りまでさまざまな分野の方々がお互いに持ち味を出し合い、お互いから学び合い協力しあってこの事業に参加した。第2の交流は広葉樹の森との交流であった。ミズナラやダンコウバイ、リョウブ、ハウチワカエデ、アブラチャンなど多くの種類の樹木と出合い森をよく観察して木と相談しながら間伐を進めていった。広葉樹の林のすがすがしさから英気を頂いた方々も多いことと思う。第3の交流は道具との交流。山仕事にとって道具はとても大事なもの。正しい使い方をすれば仕事がとても楽になるが間違った使い方をすると道具を壊したり仕事がとても大変になってしまう。」と話された。最後に佐藤室長が「今回は3つの初めてがあった。一つは広葉樹の間伐。二つ目が40分かけて山の上まで移動して間伐したこと。三つ目がサンダルで現場まで駆け上った方がいたと言うこと。色々楽しい思い出を刻んだが、これからも共に力を合わせていい森を作るために力を貸してほしい」とお礼を述べて作業を終了し小菅の湯に向かった。

 参加者の感想を紹介する。
□「自然環境に興味があり、また木にも興味があったので昨日、今日の2日間はとても勉強になりました。広葉樹の間伐は葉樹埋めての経験だったのでとても勉強になりました。自分を磨くことが出来たと思います。改めて森林について考えることが出来、良い経験でした。自然教育について子ども達と考えてみたいです。」
□「今月は広葉樹の間伐ということで、前月とは違った気持ちで木を伐りました。それは針葉樹と異なり一本一本の木にそれぞれ個性を感じ、この木の将来を考えながらの作業となり、それこそ木と対話しながら仕事が出来ました。」
□「山に登るのが結構キツかったです。いい状態の林と悪いのを見せてもらえたり勉強になりました。事前に40分位登ったりするお知らせがあればもう少し心の準備が出来たように思います。また、常連さんが多いためか初心者に対するケアが薄いのが残念です。」 

2004年6月18日(金)[17:25:09]  
18日午後2時NHKラジオセンターの和田成弘ディレクターが6月27日放送予定の「日曜訪問」の取材にお見えになった。取材は小菅川沿いの平山キャンプ場で40分間に渡って行われ、27日当日は朝7時40分から12分間に渡って放送される予定。和田ディレクターの質問はなかなか鋭くて、人生の一番の働き盛りになぜ源流に引かれたのか、仕事がばりばり出来る年齢なのになぜ源流に没頭したのかを繰り返し聞かれた。自分自身、源流に出合い、自らの生き方を変えるほどの衝撃を覚えた正体は一体何であったのか、源流に魅せられるものを自分の生き方の中でどのようにして培ってきたのか、様々な角度から問われた。時間の許す人は是非この放送をきいてください。全国放送です。
 夜は川崎市麻生区で開かれた横山先生の出版記念パーティーに出席した。素晴らしい実践と素晴らしい理論。横山先生のようになれればいい。多くの川の仲間に囲まれて横山先生はとても元気で幸せそうであった。

「源流に魅せられて」続編
天水と太陽の王国・吉野川源流

 日本には面白い川があちこちにあるんですね。今、源流調査で奈良県吉野川に通っています。この川の源流部は大変な資源を持っています。吉野の千本桜で有名な所を貫いて流れますが、その最上流部に川上村という村がありまして、面積が28,000fと広いわけですが、その源流は大台ヶ原。何が凄いかと言えば、この一帯の雨量が凄い。日本の平均雨量は、1.300o〜1.600o/年ですが、ここは4.800o/年も降るんです。今年の8月に源流調査に行ったとき、予告もなしに2日間で819oも雨が降りました。バケツをひっくり返した様な雨でしたが、都会でこれほど降れば大きな災害になるでしょう。
 しかしここでは、有り余るほどの天水と降り注ぐ太陽の光とエネルギーが、日本に誇る吉野杉を育てているんです。地元の源流館の坂口泰一事務局長がある山の吉野杉の美林を案内してくれましたが、「あの木は1本1,000万円、この木は500万円」という。ビックリしましたね!全国のお寺や神社は何百年に一度は建替えをしますが、その御柱に使いたいとこれらの木を購入に来るんだそうです。こうした地形や天気の条件を活かしてもう400年も前から吉野杉が育てられていた。先人たちの眼力というか洞察力には頭が下がりますね。今も200年先、300年先に木の命を託してその杉を育てています。こんな事実に出くわすと日本という国はすごいなと実感します!実に奥が深い国なんですよね!  
 日本各地の源流に存在する豊かな水や森は人間の生活に欠かせないものです。源流は水の源・川の源であり様々な資源があります。自然の宝庫であり、歴史、文化、産業の様々なルーツにあたるし、まさに源流の存在が日本人の生き方や自然観に大きな影響を与えてきたんですよ。


2004年6月18日(金)[17:24:58]  
18日午後2時NHKラジオセンターの和田成弘ディレクターが6月27日放送予定の「日曜訪問」の取材にお見えになった。取材は小菅川沿いの平山キャンプ場で40分間に渡って行われ、27日当日は朝7時40分から12分間に渡って放送される予定。和田ディレクターの質問はなかなか鋭くて、人生の一番の働き盛りになぜ源流に引かれたのか、仕事がばりばり出来る年齢なのになぜ源流に没頭したのかを繰り返し聞かれた。自分自身、源流に出合い、自らの生き方を変えるほどの衝撃を覚えた正体は一体何であったのか、源流に魅せられるものを自分の生き方の中でどのようにして培ってきたのか、様々な角度から問われた。時間の許す人は是非この放送をきいてください。全国放送です。
 夜は川崎市麻生区で開かれた横山先生の出版記念パーティーに出席した。素晴らしい実践と素晴らしい理論。横山先生のようになれればいい。多くの川の仲間に囲まれて横山先生はとても元気で幸せそうであった。

「源流に魅せられて」続編
天水と太陽の王国・吉野川源流

 日本には面白い川があちこちにあるんですね。今、源流調査で奈良県吉野川に通っています。この川の源流部は大変な資源を持っています。吉野の千本桜で有名な所を貫いて流れますが、その最上流部に川上村という村がありまして、面積が28,000fと広いわけですが、その源流は大台ヶ原。何が凄いかと言えば、この一帯の雨量が凄い。日本の平均雨量は、1.300o〜1.600o/年ですが、ここは4.800o/年も降るんです。今年の8月に源流調査に行ったとき、予告もなしに2日間で819oも雨が降りました。バケツをひっくり返した様な雨でしたが、都会でこれほど降れば大きな災害になるでしょう。
 しかしここでは、有り余るほどの天水と降り注ぐ太陽の光とエネルギーが、日本に誇る吉野杉を育てているんです。地元の源流館の坂口泰一事務局長がある山の吉野杉の美林を案内してくれましたが、「あの木は1本1,000万円、この木は500万円」という。ビックリしましたね!全国のお寺や神社は何百年に一度は建替えをしますが、その御柱に使いたいとこれらの木を購入に来るんだそうです。こうした地形や天気の条件を活かしてもう400年も前から吉野杉が育てられていた。先人たちの眼力というか洞察力には頭が下がりますね。今も200年先、300年先に木の命を託してその杉を育てています。こんな事実に出くわすと日本という国はすごいなと実感します!実に奥が深い国なんですよね!  
 日本各地の源流に存在する豊かな水や森は人間の生活に欠かせないものです。源流は水の源・川の源であり様々な資源があります。自然の宝庫であり、歴史、文化、産業の様々なルーツにあたるし、まさに源流の存在が日本人の生き方や自然観に大きな影響を与えてきたんですよ。


2004年6月16日(水)[17:06:17]  
9時55分に東京駅前の丸ビル近くの文化庁を環境省自然環境局自然環境計画課の佐藤補佐ら3人で訪れる。国土創発調査の源流文化の発掘とストックに関する指導を仰ぐ。文化庁としては省庁連携の枠には参加すること調査の主体にはなりえないことを確認。今後予想される省庁連携の全体会議への参加を確認して文化庁を後にした。5時から東京農業大学7号館4階で実行委員会を開催した。当日は23団体32名が出席。山道省三全国水環境交流会代表が司会進行し、始めに農大の広報部長があいさつ、実行委員会の規約を審議し決定して、実行委員会の設置を確認、実行委員会の役員を選出した。実行委員長に高橋裕東京大学名誉教授、副実行委員長に海野脩司京浜河川事務所長・山道省三全国水環境交流会代表、会計に石川重人多摩川源流観察会副会長、事務局長に中村文明多摩川源流研究所所長、監事に安元順かわさき海の市民会議事務局長がされぞれ選ばれた。それぞれの自己紹介の後、事務局からだい5会全国源流シンポジユウムの開催要項と予算案について提案があり質疑応答や意見交換を経て開催要項や予算を確定。実行委員からはマスコミ対策を重視し朝日、読売、東京、神奈川新聞等に働きかけるべきだとか各自体に働きかけて500名程度の基礎参加者を確保すべきとか特設の全国源流シンポ向けのホームページを開設してほしいなどの要望が出された。

「源流に魅せられて」続編
(4)全国の源流の姿に触れて

個性豊かな江の川

 我が愛する多摩川の場合は、源流があって中流があって下流がある。つまり下流域には沢山の人が住んでいる。また、中流には田畑が広がって人々の生活や暮らしを支えている。源流域には森が広がって水を育んでいる。大概の日本の川はこの様なパターンですが。
 2002年の2月に島根県の「江の川」(ごうのかわ)に行って来ました。江とは、大きい川を意味します。江の川は長さが196qある中国地方で最も長くて大きな川なんですね。日本の川の中でこの川ほど個性の強い川はないのではないか。といいますのは、河口から130q上り詰めたところに広島県の三次市があります。三次市から河口に向かって延々とV字谷が続きます。三次市から上流に向かって川が360度に広がっています。この川の源頭はどこかと探してみますと、島根県から広島県に伸びていた流れが、三次市でUターンして島根県に戻る格好になっているんですね。源頭から見れば、一旦瀬戸内海に向かって流れ出し、三次市で360度Uターンして日本海に注ぐというとても珍しい川なんです。
 私は頭の中がパニック状態になりましてね!普通、川は山に向かってV字谷があり、河口に向かって平野が広がるものですが、江の川は、河口に向かって130qもV字谷が続くんです。常識の通用しない川があるんですね!
 しかも河口から三次市までの高低差が300b、1q流れて1bの落差だそうで、ゆったりゆったり流れているんです。困ったことに目の前を流れる川から水田の水が引けないんですね。だから流域の人達はこの川のことを「役立たず」とか「能なし川」と呼んでいる。そして、大雨の時は水かさが増し、谷の狭い所では18bも水位があがったそうです。 この江の川の源流域に馬洗川という支流があり、川の源を探して登っていくとなだらかな広々とした峠に辿り着きます。そこにあるため池が川の始まりになっている。この様な川、この様な源流もある。驚きましたね!川も源流もその表情は色々あるんですね。
 

2004年6月15日(火)[17:03:30]  
朝から源流の四季の原稿書き、レイアウトなど源流の四季第14号の作成に取りかかる。2面がせせらぎ館来館者10万人突破記念集会、平成16年度源流研究所運営委員会、源流茶会、3面が森林再生プロジェクト事業、4面が源流探訪とタイアップ事業関係、5面が川崎宮内中学校の源流体験紹介、6面が東京農業大学菅原助教授の吉野川源流資源調査報告、7面が秋の小菅村源流研究所のイベント紹介、8面が第5回全国源流シンポジウムの案内となっている。午後2時頃菅原先生がお見えになり、文明所長、中川徹研究員と3人で三ツ子山の調査に出かける。多数の植物の生息確認、アカマツの林、コナラ林など貴重な資源を確認。その活用方法を伺った。今年から研究員として頑張っている中川徹研究員が意欲的に何事も挑戦している。だんだん頼もしくなってきている。

(3)感動的な「妙見五段の滝」との出会い

滝の名前の秘密にたどり着く

 一昨年完成した「源流絵図」小菅版は、2年間で150回ほど山や谷に入り、同じような作業を繰り返した。小菅村の場合、村をあげての協力体制がはじめから整っており、村長、助役、教育長が先頭に立って一緒になって調査のため、源流を歩いた。この際自分の村の自然の魅力や価値をしっかり吸収したいという意欲に溢れていた。ここでは、源流の淵や滝などの自然系の調査にとどまらず、村の全地区の小字の由来の調査までやり遂げることが出来きた。
 「源流絵図」小菅版作成で最も印象に残っていることは、妙見五段の滝との遭遇だった。この滝を発見したのは、4年前(2000年)の4月の事だった。五段に流れ下る見事な滝で、こんな滝は滅多にあるもんじゃない。その名前が知りたくて地元の高齢者60名に集まっていただいて、場所を説明し写真を見せたところ、誰も知らない名前のない滝だった。
 繰り返し繰り返し源流に足を踏み入れ淵や滝の名前を調べて歩いていると、滝や縁の名前の付け方に、ある種の方程式があることに気が付いた。その谷で最も存在感のある滝にどんな名前が付けられているか。その名前の付け方の秘密に辿り着いたのだ。名前の付け方に三通りあった。一つ目は、谷を代表する付け方。ある谷に見事な滝があるとその谷の名前をそのまま滝の名前に付ける。例えば、泉水谷なら泉水大滝というふうに。
 二つ目は、谷を歩いていると突然、山の神、水の神でも棲んでいるのではと思わず手を合わせたくなる、そんな神々しい滝に出会う。こんな滝には不動滝の名前が付けられている。これは全国各地に見られる滝で、信仰の対象になっているところが多い。
 三つ目は、川の源頭に位置する場所が由緒あるところは、その名前を使うやり方である。この滝がある小菅川の場合、源頭は大菩薩嶺の妙見の頭(標高1975b)である。ここには、「北斗妙見大菩薩」の碑が建っていて、大菩薩の名前の由来の一つにもなっている由緒ある地点だったので、村長の承諾を得てこの五段の滝に「妙見五段の滝」と名付けた。
 この「源流絵図」の完成は、私たちの想像を遙かに超える反響を呼んだ。多摩川の源流にはこんな地名や由来があるのか、人と自然の関わりから生まれ、歴史や文化も織り込まれている得難い教材だとして、マスコミでも繰り返し紹介された。
 私は、この「源流絵図」作成に取り組んでいくなかで、源流のもつ無限のエネルギーに感化されたし、昔の人たちが自然に対してどんなに深い思いを持っていたのか、滝の名前一つにも、先人の自然に対する愛着や感謝、崇拝、畏敬の念が色濃く反映している事を知り、先人達の観察力、洞察力のすごさに頭が下がった。今現在、811回源流に通っている。気に入ったら同じ場所に30回、40回と足を運んでいる。これから2000回を目指し、体も心も磨いていきたい。



トップページへ戻る