文明の源流日記


2001年12月||2002年1月||2002年2月||2002年3月||2002年4月||2002年5月||2002年6月||2002年7月||2002年8月||2002年9月||2002年10月||2002年11月||2002年12月||2003年1月||2003年2月||2003年3月||2003年4月||2003年5月||2003年6月||2003年7月||2003年8月||2003年9月||2003年10月||2003年11月||2003年12月||2004年1月||2004年2月||2004年3月||2004年4月||2004年5月||2004年6月||2004年7月||2004年8月||2004年9月||2004年10月||2004年11月||2004年12月||2005年1月||2005年2月||2005年7月||2005年10月||2005年11月||2006年1月||2006年2月||2006年3月||2006年4月||2006年5月||2006年6月||2006年7月||2006年8月||2006年9月||2006年10月||2006年11月||2006年12月||2007年1月||2007年2月||2007年3月||2007年4月||2007年5月||2007年6月||2007年7月||2007年8月||2007年9月||2007年10月||2007年11月||2007年12月||2008年1月||2008年2月||2008年3月||2008年4月||2008年5月||2008年6月||2008年7月||2008年8月||2008年9月||2008年10月||2009年1月||2009年7月||2009年8月||2009年9月||2009年10月||2009年11月||2009年12月||2011年1月||2011年2月||2011年3月||2011年4月||2011年5月||2011年6月||2011年7月||2011年8月||2011年9月||2011年10月||2011年11月||2011年12月||2012年1月||2012年2月||2012年3月||2012年4月||2012年5月||2012年6月||2012年7月||2012年8月

2007年3月31日(土)[02:49:13]  
天川村では、素敵な出合いがあった。天川弁財天の柿坂宮司、猟師の神橋さんに出会えたのは、大変幸運であった。30日の午後2時から、神谷先生と二人で天川弁財天を訪ねると二人を待っていて頂いて、弁財天の沿革を詳しく話していただいた。特に命の根元である水への見識は深く、話は深淵かつ広大で尽きることはなかった。夜の学習会には、多くの村民が参加し、神谷先生と中村所長が「源流文化と景観」に関して講演し大きな拍手を頂いた。この学習会には、大阪の幸家さんも参加されていた。31日は、神橋さんから神童子谷に関してヒヤリングした。実に神童子谷に精通しておられた。その後、洞川の歴史的史跡や名所を散策した。面不動、トーローの岩屋、カジカ滝、母公堂、龍泉寺。源流のシンボル・天川村を堪能した熊野川源流源流資源調査になった。

2007年3月29日(木)[06:56:31]  
いよいよ暖かくなり、甲府盆地では、モモの花のピンク色の花があちこちに見られるようになった。梅の花が終わり、桜の花が咲き始めると、甲州では、モモの花が桜に負けてたまるものか一斉に咲き始める。今年は、桜とモモの競演が見られるかもしれない。小菅村の資源調査のテーマを一つ一つ検討し始めている。大菩薩、熊沢山、妙見の頭、雄滝、白糸の滝、妙見五段の滝、シオジの天然林、ブナの女王、松姫峠、長作観音、神楽入り、橋立の神楽、ヤギュウ神社、諏訪神社のサワラ、御獄神社のケヤキ、山沢入りの大栃、松鶴のブナ、山沢入りの山葵、小菅のヤマメ等々70を目標にまとめていく。これを600字ぐらいで写真入りでコンパクトに紹介する。来年度の大きな課題である。週末の熊野川源流の資源調査に向けて、様々な文献に当たる。文献を読めば読むほど天川の奥は深い。午後6時に神谷博さんと合流して、熊野川源流・天川村に向かう。素敵な出会いがありますように。

2007年3月28日(水)[06:50:18]  
来年度、小菅村の資源調査を実施するに当たり、良い参考になる本やパンフレットがないか、いろいろ読みふける。あまり大きすぎると持ち運びに困るし、小さすぎると文字が細かくなり、読みにくくなる。そのバランスをどうするかを考えながら探していたら、ちょうど良い大きさの本を探した。甲州市、丹波山村、小菅村、奥多摩で構成する多摩川源流協議会の来年度事業の企画書を作成する。甲州市の古屋さんや小菅村の青柳課長と相談して、大菩薩周辺の山野草がシカの食害で減少している問題を取り上げ、その実態調査と食害対策を実施しようということになり、その趣旨、実態調査と対策の内容、その具体化などをまとめ、午後に甲州市に向かい、総合政策課の町田課長、古屋担当と相談、環境省や山梨林業総合研究所などと連携することなどを確認、実態調査のメンバーを確認した。この6月から具体化にはいる。

2007年3月27日(火)[06:31:36]  
 丹波山村、小菅村の商工会、観光協会の有志が集まって、これからの源流をどうするか、二つの村が力を合わせて源流の村の将来をどうするか、熱心に議論された。源流は、流域と連携してこそ、その役割は果たされる。いよいよ源流のあり方が問われてきた。週末に奈良県の天川村に源流資源調査に入る。天川は物凄い資源を抱えているし、その存在意義は計り知れないほど大きい。天と山と川がここでは一体となっている。自然と人間の融合、自然信仰の根本道場としての役割、人々と神々との合一など研究すべき課題は多い。


2007年3月26日(月)[06:08:49]  
朝7時に自宅を出て、柳沢峠から落合、高橋、一ノ瀬に向かう。多摩川リバーミュージアムのフォト散歩の取材に出かけた。「源流の今」を追い求めつつ、源流の四季を通して源流の魅力を発信すること、流域の市民へ多摩川の魅力を届けることがその目的である。多摩川の最上流は甲州市の一ノ瀬高橋。久々に犬切峠周辺を歩いた。快晴のもと、防火帯に聳える樹齢数百年のコナラ。いつみてもその存在感に感動する。1300bを越える標高だとたいていはミズナラだが、この周辺にはコナラが意外と多い。一ノ瀬の休校中の小学校、やや黒ずんだ茅葺き民家を見ているとゆったりとして空気が流れていて、心の中に暖かい風が吹いてくる。ここは多摩川流域のいわば聖地であり不思議な雰囲気を感じさせる。汚されず、濁されず、惑わされずもとのままでありつづける不思議な空間。しかも悠々とした山並みがどこまでも続く。丹波山村を過ぎて、奥多摩湖へ。鴨沢の集落の佇まいは、湖面に映し出され、素晴らしい景観を醸し出すが、今日は風邪が強く望みは果たせなかった。午後、神谷さんと天川行きの打ち合わせ。源流の四季と全国源流シンポの報告集の校正を徹君とやり終わる。24日は悠真のお宮参りだった。池袋雑司ヶ谷の鬼子母神で無事に終わる。家族なんなで元気にすくすく育つように祈った。

2007年3月23日(金)[13:46:46]  
源流研究所で徹君と打ち合わせて、源流研究所の運営委員会の案内状をだした。それから小菅の湯で黒川さんと、色々打ち合わせをした後、甲州市に向かい、町田総合政策課長、古屋拓己源流協議会担当にあい、来年度の源流協議会の来年度事業を協議した。特に大菩薩のシカの食害の実態調査と危機に瀕する山野草の個体保存の方策、モデル事業の実施などが課題になる。これまで取り組んでいる観光協会、市民団体とも協働してとりくむことになった。事務局で早々に企画書を作成することになった。明日は、悠真のお宮参り。夜には北池袋に飛んだ。久しぶりに真緒ちゃんに会う。言葉をいろいろ覚えだしていてますます可愛くなってきた。

2007年3月22日(木)[13:44:51]  
 とうきゅう環境浄化財団の助成内定の通知が届いた。巨樹・巨木調査を核とする源流資源調査と資源マップの作成がそのテーマである。2年間かけて、小菅村のあらゆる価値ある資源を調査・研究する。4月からの開始が待ち遠しい。午前9時30分に全国源流シンポジウム報告集の校正が届いた。あいさつ、全国源流の郷サミット、みづち朗読、記念講演、基調提案、パネルディスカッション、源流からのアピール、次回開催地からのアピール、閉会のあいさつ、源流の魅力体験、参考資料と一つ一つを丁寧に見ていくが、時間不足で途中までで、東京に出かける。源流の森林資源を活用して、どんな産業を興していけるかのヒントを得るために農大で打ち合わせ。菅原先生、東京電力の矢野さん、丹治先生、青柳課長と中村所長。醸造科の保阪先生の話は面白かった。麹・糀の話。黄こうじカビは、国菌なんだそうで、お酒、味噌、醤油はそれぞれ糀が違うこと、糀から酵母へ。お酒は、お米に糀を混ぜて、酵母菌が生まれ発酵しお酒に変わる。原料は、米、水、糀。菌の働きの魔力。つくづく感心した。この業界では、カビのことを波精(はぜ)とよぶんだそうで、米にカビがはえて全体に菌がまわることを波精まわり、米のなかに菌が延びることを波精込み、米に菌がつかないことを波精落ちというんだそうだ。保存することを枯(からし)。発酵食品は、縄文の昔からあるという。2時間の講義があっという間に過ぎた。保阪先生の室も見せていただいた。また、木材工学研究室の小林純先生の話を聞いた。木の性質をよく知って、割り箸、トレー、バックなどの加工品、源流ならでわの特産品を編み出すことが大切とのアドバイスを頂いた。


トップページへ戻る