文明の源流日記


2001年12月||2002年1月||2002年2月||2002年3月||2002年4月||2002年5月||2002年6月||2002年7月||2002年8月||2002年9月||2002年10月||2002年11月||2002年12月||2003年1月||2003年2月||2003年3月||2003年4月||2003年5月||2003年6月||2003年7月||2003年8月||2003年9月||2003年10月||2003年11月||2003年12月||2004年1月||2004年2月||2004年3月||2004年4月||2004年5月||2004年6月||2004年7月||2004年8月||2004年9月||2004年10月||2004年11月||2004年12月||2005年1月||2005年2月||2005年7月||2005年10月||2005年11月||2006年1月||2006年2月||2006年3月||2006年4月||2006年5月||2006年6月||2006年7月||2006年8月||2006年9月||2006年10月||2006年11月||2006年12月||2007年1月||2007年2月||2007年3月||2007年4月||2007年5月||2007年6月||2007年7月||2007年8月||2007年9月||2007年10月||2007年11月||2007年12月||2008年1月||2008年2月||2008年3月||2008年4月||2008年5月||2008年6月||2008年7月||2008年8月||2008年9月||2008年10月||2009年1月||2009年7月||2009年8月||2009年9月||2009年10月||2009年11月||2009年12月||2011年1月||2011年2月||2011年3月||2011年4月||2011年5月||2011年6月||2011年7月||2011年8月||2011年9月||2011年10月||2011年11月||2011年12月||2012年1月||2012年2月||2012年3月||2012年4月||2012年5月||2012年6月||2012年7月||2012年8月

2008年4月28日(月)[01:55:43]  
第22回の「多摩源流まつり」が5月4日に小菅村で開催される。テントを張ったり、ガスや水道、排水を準備する仕事を村の職員全員で行った。村民グランド一杯にテントを張り、机やイスも配置した。天気に恵まれ、準備は順調に進んだ。何せ力仕事が続くので、還暦を超えたおじさんはあまり戦力にならず、足手まといにならないように隊列に参加した。元気再生プロジェクトの企画書が神谷先生、創建、国土地理から届いたので全体をまとめた。「多摩源流まつり」の準備は夜八時半までかかった。夜、塩山に帰るまでにシカ3頭、狸2頭が道端に顔を覗かせた。


2008年4月27日(日)[02:23:25]  
昭島市の環境緑化フェスタの講演会に招かれ、「多摩川源流ものがたり」をテーマに1時20分講演した。昭島市の環境課の島田さん、古谷さん、村野さん、山口さん達が今回の企画を推進、当日も支えていただき、感謝の気持ちでいっぱいである。多摩川を支えた四百年の人々の歴史、多摩川源流の魅力、源流研究所の設立の経過、森林再生プロジェクト、源流体験教室、上下流交流などをコンパクトに講演した。百名近い聴衆は熱心に話を聞いてくれた。講演のあと、多くの方が話しかけて見えられた。反響が大きかったと言うことか。会場周辺には、源流の写真を28点展示した。写真は、土曜日に運び込み、展示した。昭島市民に喜んでもらって良かった。

2008年4月25日(金)[23:51:05]  
 日曜日に開催が予定されている昭島市の環境フェスタの写真展、講演の準備をした。源流研究所から写真のパネルを車に積んで、明日飾り付けができるよう準備した。講演のテーマは、「多摩川源流物語」。自分で言うのもおかしな事だが、なかなか意欲的な原稿が出来上がった。午後6時30分より、川崎市の総合自治会館で「とどろぎ水辺の楽校」の平成20年度の総会が開催され、鈴木真智子さんから招待を受けていたので川崎へ出向いた。総会には、「とどろぎ水辺の楽校」の菅田校長、鈴木真智子さん、山下さん、川村さん、遠藤さんなど多数が参加。応援団として京浜河川事務所の鈴木所長、宮内中学校の近藤先生、せせらぎ館の北島館長、中山さん、安元さん、川崎市の関口さん、山内さん、御前さん、佐々木さんなど顔を覗かせ、会場一杯の参加者だった。私は、自己紹介で源流体験参加へのお礼と「とどろぎ水辺の楽校」の発展をお祈りした。恒例の懇親会は、新撰組で賑やかに行われた。懇親会では、真智子さんからの指名で乾杯の音頭を仰せつかったので、「とどろぎ水辺の楽校」のますますの発展、源流と河口の交流のますますの発展、「多摩川の未来へ乾杯」した。それにしても鈴木真智子さんの魔力は凄い。

2008年4月24日(木)[23:49:39]  
「読売多摩さくら百年物語」の総会が、午前10時30分から読売立川会館で開催されたので参加した。斉藤映画監督が会長を務める「読売多摩さくら百年物語」は、市民や企業が協働で多摩川に桜を植え、花一杯の流域を作る、流域に住む市民の心に桜の花を咲かせようと、読売新聞130周年記念事業として開始されたもの。年々も上がりを見せ、源流の種でトチや山桜を育てる取組や桜の植樹が取り組まれている。私からは、小菅村で取り組んでいる源流の資源を活かした村づくりを紹介、協力をお願いした。源流と流域との関係を強める粘り強い取組は、今後も大切である。午後からは、元気再生プロジェクトの申請書を作った。

2008年4月23日(水)[23:45:58]  
 甲州市、奥多摩町、丹波山村、小菅村で構成する多摩川源流協議会の幹事会が4月23日、午前11時から、甲州市役所で開催された。幹事会には、甲州市の手塚政策秘書課長、藤枝課長補佐、奥多摩町から加藤一美企画財政課長、丹波山村から、坂本総務観光課長(代理)、小菅村から佐藤源流振興課長、事務局を担当している源流研究所から中村所長と中川主任研究員が出席した。幹事会では、平成20年度の総会に向けて、平成19年度の事業報告、平成20年度の事業計画(案)などを協議した。奥多摩の加藤課長から、源流協議会は、啓発機関なのでどうやって国や県からシカ対策の予算を獲得できるかを協議すべきだの貴重な意見をいただいた。久々に活発な意見が出された。


2008年4月22日(火)[00:50:11]  
なかなか忙しい季節である。一つの仕事が終わると、また一つ仕事が増えるから不思議である。内閣府の元気再生プロジェクトに関する地域活性化本部との打ち合わせ日程を担当の斉藤さんに連絡して確定した。甲州市、奥多摩町、丹波山村、小菅村で構成する多摩川源流協議会の事務局を源流研究所が担当している。源流協議会の総会が近づいているので、昨年度の活動報告、予算の報告、シカの食害防止対策及び食害実態調査報告書をまとめにかかる。シカの食害対策には良く取り組んだので内容的には充実した報告になっている。調査のための調査から、シカの食害対策や環境保全のために役に立つ調査へと大きく変わってきたことがよく分かる。
 午前中は、全国源流の郷協議会の構成員である奈良県天川村の車谷村長やイノ瀬さんから国土交通省と林野庁への窓口になるよう要請されたので、国土交通省河川局の金尾さん、勢田さん、舟橋さん、林野庁の吉井室長、原補佐にそれぞれ面会し、全国シンポや源流再生への取組へ協力をお願いした。原補佐は、今年度の山村活性化事業の予算が取れたので、全国協議会も申請するよう要請された。

2008年4月21日(月)[01:18:47]  
ぽかぽか陽気の春が続いている。都会を歩いていると新緑の眩しさを感じる空間が少ない。自然の恵まれた田舎とは全く違う。日本の四季の変化の素晴らしさを体全体で感じる体験は、都会ではできないのか。つくづく田舎の暮らしの凄さを感じる。
 今年度になって初めての多摩川流域懇談会が川崎市多摩区のせせらぎ館で開催された。懇談会には、高橋裕会長、京浜河川事務所の林副所長、工藤調査課長、柳沢河川環境課長、東京都から河川部の石井一弥計画課総合治水河川係長、上村文昭さん、川崎市から土木建築部河川課長、多摩川施策推進課の山内さん、調布市から環境政策課の小松さん、市民部会から長島先生、中村所長、安元順さん、鈴木真智子さん、企業部会から瀬戸内さん、それに瀬尾弘美さんら20名を超える参加者があった。懇談会では、第28回、第29回、第30回のそれぞれ多摩川流域セミナーの内容とスケジュールを協議した。夜は、多摩川流域ネットワークの総会が開催された。今年度の事業計画や予算を審議し、役員を決めた。長島先生が代表、中村、安元さんが副代表、鈴木真智子さんが事務局長。終わってから懇親会を開いた。楽しい一時を過ごした。新しく、世田谷の中西さん、大師河原の佐川さん、川崎市の川添さんらが運営委員に加わった。
 


トップページへ戻る