文明の源流日記


2001年12月||2002年1月||2002年2月||2002年3月||2002年4月||2002年5月||2002年6月||2002年7月||2002年8月||2002年9月||2002年10月||2002年11月||2002年12月||2003年1月||2003年2月||2003年3月||2003年4月||2003年5月||2003年6月||2003年7月||2003年8月||2003年9月||2003年10月||2003年11月||2003年12月||2004年1月||2004年2月||2004年3月||2004年4月||2004年5月||2004年6月||2004年7月||2004年8月||2004年9月||2004年10月||2004年11月||2004年12月||2005年1月||2005年2月||2005年7月||2005年10月||2005年11月||2006年1月||2006年2月||2006年3月||2006年4月||2006年5月||2006年6月||2006年7月||2006年8月||2006年9月||2006年10月||2006年11月||2006年12月||2007年1月||2007年2月||2007年3月||2007年4月||2007年5月||2007年6月||2007年7月||2007年8月||2007年9月||2007年10月||2007年11月||2007年12月||2008年1月||2008年2月||2008年3月||2008年4月||2008年5月||2008年6月||2008年7月||2008年8月||2008年9月||2008年10月||2009年1月||2009年7月||2009年8月||2009年9月||2009年10月||2009年11月||2009年12月||2011年1月||2011年2月||2011年3月||2011年4月||2011年5月||2011年6月||2011年7月||2011年8月||2011年9月||2011年10月||2011年11月||2011年12月||2012年1月||2012年2月||2012年3月||2012年4月||2012年5月||2012年6月||2012年7月||2012年8月

2011年4月1日(水)[02:11:50]  
源流研究所  4月度活動日程

4月1日 源流研究所運営委員会議案作成
4月2日 源流研究所運営委員会議案作成
4月3日 運営委員会出席確認
4月4日(日) 
4月5日 NPO法人多摩源流こすげ事務局会議
4月6日 高橋先生打ち合わせ
4月7日 森林組合打ち合わせ
4月8日 林野庁炉網検討委員会
4月9日 源流研究所運営委員会準備
4月10日 平成22年度源流研究所運営委員会
4月11日(日)
4月12日 多摩源流まつりパンフ原稿作成 NPO法人多摩源流こすげ役員会
4月13日 上下流交流(川崎・せせらぎ館)
4月14日 運営委員会まとめ
4月15日 ろくろ部会
4月16日 源流資源調査業務
4月17日 源流資源調査業務
4月18日(日)
4月19日   NPO法人多摩源流こすげ事務局会議
4月20日 源流の四季流域市町村に配布
4月21日 源流の四季流域市町村に配布
4月22日 よみうり新聞多摩桜運営委員会
4月23日 全国サミット検討会
4月24日 事務所引っ越し準備
4月25日(日) マコモ農場整備
4月26日 源流まつり準備 東京電力打ち合わせ
4月27日 上下流交流(とどろき水辺の楽校総会)
4月28日
4月29日   祝日
4月30日 源流まつり お茶会準備

2009年1月2日(金)[13:12:20]  
今日は、小菅村の成人式。来賓として招待されたので小菅村に向かう。中央公民館で行われた日本一心のこもった先人式に参加できて幸せだった。新成人は7名。参加した新成人は3名。多くの村民に囲まれて新成人は笑顔・笑顔・笑顔だった。一人の成人が小菅村にに戻ってきて小菅村に貢献したいと抱負を語り大きな拍手に包まれた。新成人の未来に幸あれ。

2009年1月1日(木)[13:49:56]  
 明けましておめでとうございます。新しい年が始まりました。今年は、きっと源流にとっていい年にしたいと決意しています。源流再生の確かな第一歩を築いていきたいと希望しています。今何よりも大切なことは、源流に広がるスギやヒノキ、カラマツの森に道をつけることです。森林を管理するための道、森林を経営するための道を付けることです。それも大橋式路網を全国各地の森へ普及することです。大橋式路網が源流の森を救い、林業の未来に希望をもたらすことは間違いありません。昨年度、内閣府の支援で源流元気再生プロジェクトに取り組んで確信しました。森に大橋式路網という道がつけば、森が生き返る。森に大橋式路網という道がつけば、森の未来が開かれると悟りました。国にこのことを伝え、源流の森を再生する取り組みを大いに前進させたいと決意しています。源流は、国土保全、環境保全の最前線です。この源流を守り、誇れる源流を次の世代に引き継ぎたいと強く願っています。みなさんのご理解とご協力を心からお願いします。

これより先のページはありません

トップページへ戻る