文明の源流日記


2001年12月||2002年1月||2002年2月||2002年3月||2002年4月||2002年5月||2002年6月||2002年7月||2002年8月||2002年9月||2002年10月||2002年11月||2002年12月||2003年1月||2003年2月||2003年3月||2003年4月||2003年5月||2003年6月||2003年7月||2003年8月||2003年9月||2003年10月||2003年11月||2003年12月||2004年1月||2004年2月||2004年3月||2004年4月||2004年5月||2004年6月||2004年7月||2004年8月||2004年9月||2004年10月||2004年11月||2004年12月||2005年1月||2005年2月||2005年7月||2005年10月||2005年11月||2006年1月||2006年2月||2006年3月||2006年4月||2006年5月||2006年6月||2006年7月||2006年8月||2006年9月||2006年10月||2006年11月||2006年12月||2007年1月||2007年2月||2007年3月||2007年4月||2007年5月||2007年6月||2007年7月||2007年8月||2007年9月||2007年10月||2007年11月||2007年12月||2008年1月||2008年2月||2008年3月||2008年4月||2008年5月||2008年6月||2008年7月||2008年8月||2008年9月||2008年10月||2009年1月||2009年7月||2009年8月||2009年9月||2009年10月||2009年11月||2009年12月||2011年1月||2011年2月||2011年3月||2011年4月||2011年5月||2011年6月||2011年7月||2011年8月||2011年9月||2011年10月||2011年11月||2011年12月||2012年1月||2012年2月||2012年3月||2012年4月||2012年5月||2012年6月||2012年7月||2012年8月

2011年5月27日(金)[01:02:30]  
多摩川流域懇談会の運営委員会が、川崎市多摩区せせらぎ間で開催された。懇談会には、国から京浜河川事務所の坪谷調査課長、東京都から河川部の和田課長補佐、川崎市から多摩川施策推進課の山内係長、大田区都市基盤か計画課の山田係長、市民の側から中村文明、神谷先生、安元準さん、鈴木真智子さんら16姪が参加し、3.11震災と河川の被害、関東大震災と多摩川の被害状況などを議論し、安心/安全の川づくり、地域づくりに関して意見交換した。関東大震災に於ける多摩川の被害は凄いものがあり、しっかり勉強することの大切さを学んだ。午後一番は、NPO法人全国源流ネットワークの総会を開き、今年度の事業報告、定款の変更などを決定した。

2001年5月26日(木)[01:25:38]  
明治11年に開通した柳沢峠は、多摩川と富士川水系の笛吹川の分水嶺になっている。柳沢峠の気温は10度。今年の最低気温はマイナス17度。いよいよ本格的な春の到来である。昨日、多摩川源流協議会のシカの食害調査で大菩薩峠に上った。悲しいほどのシカの食害の姿に合い唖然とする。モミ、ドウダンツツジ、レンゲツツジ等が特にひどい。三窪高原のレンゲツツジも壊滅的な被害を受けている。大菩薩山系で大菩薩峠のすぐ上の親知らずの頭が唯一の群生地である。その群生地も無残な姿に変わり果てていた。この一帯は国立公園の特別保護地区である。特別保護地区は、国の管理下にある。厳しい規制がかけられている。そのため、環境省に親知らずの頭の個体保存を繰り返しお願いしたが、かなわなかった。いまではヤナギランも姿を消した。ヤマオダマキやマツムシソウも姿を消した。しかし、諦めてはいない。親知らずの頭には、私達多摩川源流協議会〔甲州市、丹波山村、小菅村、奥多摩町〕が設置した個体保存の試験地がある。そこには、マツムシソウもシモツケソウもレンゲツツジも昨年から花を咲かせ始めた。他の場所の試験地では、32種類の花々が咲き始めている。ツカの適正管理の施策が進めばまたまた生物の多様性が広がるであろう。こうした深刻なシカの食害を多くの多摩川流域市民に知らせたい。皆さん、国立公園の特別地区でこんなひどい食害が進んでいることをマスコミに知らせて下さい。NHKや日本テレビ、テレビ朝日などに連絡して現場に行くように働きかけて下さい。子どもや孫達に豊かな自然を引き継ぐために。帰りに介山荘の益田さんにあった。シカは年々増加しているとのこと。小屋の隣に登山者が3名で愉快に飲んでおられた。シカの食害のことを少し話したかたいそう興味を持たれたようだった。もっともっと情報発信しなければと痛感した。源流研究所の電話は0428−87−7055である。

2011年5月25日(水)[00:54:38]  
いつもの通り、早く目が覚めてしまう。柳沢峠は、未だ暗く、冷たい風が吹いていた。奥多摩湖は、水力発電に貢献しているため、水位を下げ湖の底がはっきり確認できた。県境付近はいつもは満々と水をたたえているが、今は昔の流れに戻り大きく蛇行しながら流れ下っている。このまま水位が下がり続けるともっと昔の姿に戻るのかもしれない。昨日は、小菅村景観計画策定委員会が開催されたが、ほとんどの委員が参加し、開催された。始めに事務局から役員が提案され、木下議長が委員長に、古菅区長会長と公募委員の守重弘子さんが副委員長にそれぞれ選出された。委員会では、はじ゜めに各委員が自己紹介とこの委員会への思いを述べ合って会議が盛り上がった。続いて山梨県の県土整備部の鈴木さんが景観法の概要と各地取り組みが紹介され、続いて事務局の源流研究所の中村が自然再生協議会でまとめられた景観計画実施方針を報告した。また、事務局の矢野さんが源流大学の景観資源調査の取り組みをわかりやすく説明した。さあ今日も忙しいが、頑張るぞー。

2011年5月24日(火)[01:02:56]  
朝からかなり強い雨が降っている。梅雨入りしたような空模様である。相変わらず早く目が覚めたので、6時35分に自宅を出て小菅村の源流研究所に向かう。柳沢峠は、キリの中にあり、気温はなんと2度と震える寒さであった。もう少し寒ければ雪に変わるという気温。冗談ではない。タイヤはノーマルに替えたばかりであるし、気分も新緑気分で雪道を走る気分ではない。無風で雨に打たれる新緑が何故か健気に見える。今日も忙しいぞー。頑張るぞー。

2011年5月23日(月)[00:56:17]  
朝早く目が覚めたので、早めに柳沢峠にたどり着くと、気温は9度とやや肌寒い位であった。朝から、24日の小菅村景観計画策定委員会の準備に取りかかる。当日配布予定の自然再生協議会でまとめた小菅村源流景観計画基本構想と実施計画を地域起こし協力隊の金ちゃんにお願いし、作り上げる。宮林先生から依頼されている調査報告書を仕上げメールで送る。第2会全国源流サミットの開催予定地の岡山県新庄村の三鴨課長と連絡を取り、6月19日から黒川源流振興課長と新庄村を訪問する方向で検討に入った。鳥取県の日南町の町長と懇意にしているとのことなので、全国源流の郷への加入を働きかける予定である。

2001年5月22日(日)[01:58:25]  
朝530分から、菩薩様、豊田さんと3名で四万十川の源流点を目指す。平成17年以来6年ぶりの源流点である。鳥がさえずり、新緑が映え、タコガエルがなき、サンショウウオが清流を泳ぎ、すがすがしい風がながれていた。前回よりは、自然度が増してその輝きを増している四万十川源流。日本人に一番親しまれている川四万十川。その源流は何度訪れても飽きることはない。帰りに室町時代の五山文学のリーダーである、義堂・絶海の生誕地を巡る。津野山古道がはしり、土佐と伊予を結ぶ街道が走り、坂本龍馬を始め多くの人々がここを通ったと言う。

2011年5月21日(土)[01:35:06]  
源流資源調査の一環として、四万十川源流の津野町に向かう。朝一番の飛行機で小前9時15分に高知龍馬空港二到着、津野町の市川企画課長補佐と落ち合う。旧葉山村を貫流する新荘川に沿って、須崎市からはやまむらにはいり、カワウソ資料館、三島神社、貝の川棚田、酒倉、布施の坂、津野町役場、そこで野瀬課長とお会いして、東津野村に案内してもらう。豊田庄司さんとあい、吉村虎太郎展を視察する。その後、吉村虎太郎の銅像、沈下橋の原点である一本橋を見る。その後四万十川源流のセイランの郷の入り、谷脇さん夫婦と久しぶりに会う。夜は、高橋副町長、地区の松尾各町さんらも加わり、懇親会を行う。角山文化について色々勉強した。


トップページへ戻る